世界のUV硬化樹脂市場は2028年までに8.9%のCAGRで7892.70百万米ドルに成長する-Absolute MarketsInsightsは

  • ザ・ UV硬化樹脂市場 2019年には3662.24百万米ドルと評価され、年複利成長率が見込まれています。 8.9%以上 予測期間。
  • covid-19の発生は、世界のUV硬化樹脂市場の成長にプラスの影響を与えています。UV硬化性樹脂は接着強度を高め、金属、プラスチック、その他の材料との優れた適合性を示します。特定のプロパティは、大量の製品を製造するために、医療業界全体でその需要を増やしています。

このレポートのサンプルコピーのリクエスト@https://www.absolutemarketsinsights.com/request_sample.php?id=750

  • 仲介業者に依存するのではなく、クライアントと直接接続するためのメーカー間のデジタル化の採用の増加は、UV硬化樹脂メーカー間の直接オンラインチャネルの採用に影響を与えており、それによって世界中の市場の成長に貢献しています。
  • 医療機器コーティングおよびその他の歯科用途向けの医療業界全体でのコーティングおよび3D印刷アプリケーションの需要の高まりは、世界中のUV硬化樹脂市場の成長に影響を与えています。
  • 水性UV硬化樹脂は、揮発性有機化合物と反応性希釈剤により、主に業界全体で採用されており、大気汚染物質の削減と労働安全衛生の向上に貢献しています。

購入前のお問い合わせ@ https://www.absolutemarketsinsights.com/enquiry_before_buying.php?id=750

  • 北米は2019年に世界のUV硬化樹脂市場で最高の市場シェアを保持しました。しかし、アジア太平洋地域は、消費財などのUV硬化樹脂コーティングや接着剤を利用する産業の存在感が高いため、予測期間中に最高の成長率を記録すると予想されます。とりわけ、建築と建設、ガラスと金属、紙と包装。
  • 世界のUV硬化樹脂市場で活動しているプレーヤーの一部ALLNEXNETHERLANDS BV、Arkema Group、BASF SE、Chase Corp、Covestro AG、DIC CORPORATION、DSM、Dymax、Epoxiesなど、Eternal Materials Co.、Ltd、Heraeus Holding、IGM樹脂BV、江蘇三武グループ、マスターボンド株式会社、三菱化学株式会社、日本ゴーセイ(米国)株式会社、日東電工株式会社、パナコルエロソルGmbH、 昭和電工マテリアルズ株式会社、SOLTECH LTD。、 ThreeBond Europe SAS、東亞合成株式会社、その他の市場参加者。

このプレミアムレポートの完全な情報を入手@https://www.absolutemarketsinsights.com/reports/UV-Cured-Resins-2020-%E2%80%93-2028-750

私たちに関しては:

Absolute Markets Insightsは、製品、市場、マーケティング、競合他社、および顧客に関する洞察を提供することにより、ビジネスの解決における主要人物になるよう努めています。 訪問

お問い合わせ:

電子メールID sales@absolutemarketsinsights.com

連絡先: Shreyas Tanna

電話: + 91-740-024-2424

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *